担当歯科衛生士とのマンツーマンで取り組む口腔ケア

担当歯科衛生士

患者さまは歯医者に行くとき、「痛くないかな」「怖くないかな」と、不安なことを考えておられます。そんな患者さまの不安を和らげるのが歯科衛生士の役割です。ところが毎回、歯科衛生士が違うと同じ話をその都度繰り返すようになり、患者さまのストレスも大きくなります。当院では担当歯科衛生士制を導入し、患者さまに寄り添った口腔ケアに努めております。

担当歯科衛生士制とは、一人の歯科衛生士が患者さまを毎回、責任を持って担当するシステムです。初診から始まり治療後のメインテナンスまで続きますので、これからの歯の健康を共に守っていくパートナーとして末永いお付き合いが始まります。患者さまとのコミュニケーションを大切にし、きめ細かな処置とアドバイスを心がけ、責任を持ってお口の健康をお守りしますので、不安なことがありましたら担当歯科衛生士まで気軽にご相談ください。

担当歯科衛生士制のメリット

担当歯科衛生士制のメリット歯科衛生士は患者さまのお口を守る重要な役割があります。気持ちよく通院していただくためにはコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーションを大切にし、患者さまに寄り添ったきめ細かな処置とアドバイスに努めております。

担当歯科衛生士制の最大のメリットは、双方の信頼関係が深まってより質の高い口腔ケアができることです。担当の患者さまに集中することで考える余裕が生まれ、より最適で的確な処置やアドバイスができます。

デンタルIQが高まる
当院の特徴は、患者さまのデンタルIQ(歯の健康意識)の高さです。毎回、同じ歯科衛生士が担当するので患者さまとのコミュニケーションが円滑になり、その人の立場に立ったきめ細かなアドバイスができます。それにより患者さまに安心感が生まれ、悩みや不安、疑問などがあれば気軽に相談できるようになり、自然とデンタルIQが高くなります。

治療の経過を把握している
初診時から担当歯科衛生士が診ることで治療経過が把握しておりますので、患者さまの口腔内がどのように改善されてきたのかを正確にお伝えすることができます。また磨き癖や汚れがたまりやすい場所がわかるので、よりきめ細かなで効果的なアドバイスや処置ができます。

効果的な治療を提案できる
経過を追いながら毎回お口の中を見守っているので、口腔内の異変がすぐにわかります。治療や薬の処方が必要な場合は、すぐに担当医に相談して適切な対応を行います。

治療の流れを的確に把握している
初診から現在に至るまで、どのような治療を受けてきたのかを正確に把握し、患者さまのお口の健康を維持・管理に努めております。初期段階のむし歯や歯周病があれば、すぐに発見できるのでリスクの少ない早期発見・早期治療につながります。

担当歯科衛生士によるブラッシング指導

ブラッシング指導当院のブラッシング指導は、お一人さま30分かけてマンツーマンで行うていねいな指導です。染め出し液を使って汚れが残っている部分をチェックし、効果的なブラッシング方法をアドバイスします。仕上げ磨きが必要なお子さまには、お母さんと一緒に仕上げ磨きのコツをアドバイスいたします。歯磨きが上手になると、むし歯・歯周病の予防はもちろん、お口と全身の健康を守ることにつながります。

当院では患者さまお一人おひとりにブラッシング指導専用の歯ブラシを用意いたします。新品の歯ブラシを使用しますので衛生的です。指導後、お持ち帰りをご希望される方がいらっしゃいますが、あくまで指導専用の歯ブラシですので終わったら廃棄します。歯ブラシをご希望の方は、患者さまのお口に合った歯ブラシを別途ご提案いたします。

患者さまのお口に合わせて最適な口腔ケアグッズをアドバイス
当院では、歯ブラシや歯磨き剤などの口腔ケアグッズのアドバイスも行っています。たくさんの種類の中から患者さまのお口に合ったグッズを使用することで隅々まで磨けるようになり、予防効果もさらに高くなります。ご質問があれば担当歯科衛生士がその方に合った最適な歯ブラシや歯磨き剤をご紹介しますので、お気軽にご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております