麻酔時の痛みを緩和するハード面での取り組み

麻酔時の痛みを緩和ハード面では、麻酔前の表面麻酔や電動麻酔器などを使用し、麻酔時の痛みを軽減して、ストレスの少ない治療に努めております。

表面麻酔で針を刺す時の痛みを緩和
麻酔針を刺した時のチクッとした痛みを軽減する方法として、ジェルタイプの表面麻酔を使用しております。麻酔注射の前に患部に塗布し、麻酔が効いてから針を刺すと痛みが緩和して不安や緊張が少なくなります。当院では、患者さまのご要望を伺った上で使用いたします。

電動麻酔器「アネジェクトⅡ」で痛みをコントロール
麻酔時の痛みや不快感の原因の一つに、薬を注入する時の圧力や速度があります。当院では電動麻酔器「アネジェクトⅡ」を導入し、速度や圧力を一定に保つことで、麻酔時の痛みや違和感を抑えております。また麻酔針は極細タイプを使用しますので、より痛みが感じにくくなります。

3種類の針を使い分けて痛みを軽減
麻酔針は、針を刺す場所や口腔内の状態によって最適な太さがあり、針を使い分けることで痛みの少ない注射が可能です。当院では3種類の麻酔針を揃え、患者さまお一人おひとりに合わせて最適な針を選びます。これにより針を刺した時の痛みが少なくなり、ストレスフリーの麻酔ができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております