なるべく削らない治療の取り組み

なるべく削らない治療少しでもむし歯の削り残しがあると、そこから細菌が広がり新たにむし歯ができます。再治療を防ぐには、むし歯を確実に削り取ることです。当院では再治療を防ぐために、拡大鏡やむし歯検知液、MI(低侵襲)バー等の使用により、むし歯部分のみをしっかり削り取った確実な治療に努めております。

確実にむし歯を取り除く「拡大鏡」
拡大鏡は患部を拡大するメガネタイプの拡大レンズです。拡大レンズをつけて治療をすると、肉眼では判断が難しいむし歯と健康な部分の境目がはっきりわかり、むし歯だけを確実に削り取ることが出来ます。削り過ぎや削り残しをなくすことで再治療の少ない治療が実現いたします。

悪い部分だけを削る「むし歯検知液」
むし歯検知液はむし歯に反応する薬剤です。検知液を塗るとむし歯の部分だけが染まるので、それを目安に削ります。これまで小さなむし歯はどこまでがむし歯なのか判断が難しく、大きく削って再発を防いでいました。むし歯検知液を使うことでむし歯の削り過ぎや削り残しがなくなり、再発の少ない確実な治療ができます。

なるべく削らない治療「MI(低侵襲)バー」なるべく削らない治療
MI(低侵襲)バーは、歯を削るドリルの先端に付ける器具です。通常のバーに比べて先端部のネックが細くなっていて、楽にむし歯が削れます。MI(低侵襲)バーの中にはむし歯だけしか削れないタイプもあり、それを使うことで削り過ぎや削り残しを防ぐことができるようになりました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております