難症例にも対応します

インプラントを入れるには、骨の状態が安定している必要があります。骨が不足していると難症例として扱われることが多く、クリニックによっては対応が困難です。当院では、骨造成手術やPRF(多血小板フィブリン)の採用により、難症例にも対応しております。

サイナスリフトやソケットリフトに対応サイナスリフト
上あごの骨が不足していてインプラントを埋入すると上顎洞を突き抜けてしまう場合は、サイナスリフトやソケットリフトによる骨造成手術を行い、骨の量を増やすことで対応いたします。当院では、アメリカのバイコン社のバイコンショートインプラントを使用することで、骨造成をせずにインプラント手術ができるケースもあります。いずれも正確に診断した上で、患者さまに合った最善の治療法をご提案いたします。

自己採血によるPRFを採用PRF
骨造成は、不足している部分に人口骨や充てん剤を補って骨を再生させる治療です。当院ではPRF(多血小板フィブリン)を使用し、なるべくリスクの少ない骨造成を行っております。PRFは患者さまの血液から抽出した血小板です。血液を遠心分離機にかけるとフィブリンゲルが抽出されるので、そのまま使用したり人口骨に混ぜて使用します。PRFを使うことで術後の痛みや腫れが少なく予後も良好になります。

●PRF(多血小板フィブリン)とは
PRFは2002年にフランスで開発された、インプラントの第三世代といわれる最新の技術です。理事長は開発者のDr. Joseph Choukrounから直接指導を受けました。そしてフランスのプロセス社の依頼で国内初のPRFセミナーを開催。PRFの普及に貢献しました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております