歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患は互いに影響を与えていることが、医療関係者の間で指摘されています。歯周病にかかると細菌が唾液とともに体内に入って血液と一緒に全身に巡ります。心臓病や糖尿病を引き起こす可能性が高いといわれ、歯周病治療の重要性が再認識されています。

●糖尿病
糖尿病になると血糖値のコントロールが上手くできなくなります。そのため歯周病に感染すると症状が悪化しやすくなります。その逆に、歯周病から糖尿病を誘発する場合もあるといわれています。

●心臓病
歯周病が進行して重度になると血液中に細菌が入り込んで、血管内で血栓ができやすくなります。それによって動脈硬化が進んで、心筋梗塞や狭心症等を誘発するといわれています。

●肺炎
血液の中に入り込んだ歯周病菌が肺に感染すると、肺炎になるリスクが高くなります。また細菌を含んだ唾液が気道内に入り、肺に感染する誤嚥性肺炎もあります。

●低体重児出産・早産
妊娠中はホルモンバランスが崩れて、歯周病になりやすくなります。感染すると胎児の成長にも悪い影響を与え、早産・低体重児出産のリスクが高くなるといわれています。

糖尿病と歯周病の関係について
歯周病と全身疾患の関係の中で、もっとも深い影響を与え合っているのが糖尿病です。糖尿病の方の歯周病発症率は、そうでない方の約2倍。また糖尿病の人が歯周病になると、血糖値のコントロールが上手くできなくなって糖尿病を悪化させるといわれています。糖尿病と歯周病については以下のような関係性が挙げられます。

●お口の中の乾き
糖尿病になると、お口の中が乾燥して歯周病になりやすくなります。これは体内の水分を体外に排出させる動きが活発になり細胞が脱水状態に陥るためです。そのため唾液の分泌量が減少します。お口の中が乾きやすくなると自浄作用が働かくなり、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

●全身の抵抗力の低下
糖尿病で高血糖状態が続くと白血球の機能が低下します。白血球には細菌を攻撃する働きがありますが、それができなくなるので感染症の一つである歯周病にかかりやすくなると考えられています。

●脂肪細胞が炎症作用を引き起こす
肥満になると糖尿病リスクが高くなるといわれています。肥満になると蓄積された脂肪細胞から炎症を起こす物質が放出されます。これが歯周組織に影響を与えて、歯周病を悪化させることがあります。

●食後高血糖
歯周病が進行すると、食後高血糖を起こしやすくなるといわれています。これは軟らかいものだけを食べたり、よく咬まずに飲み込むため、消化・分解が追いつかず、急激に血糖値があがるためです。当然、糖尿病にも影響を与えます。

上記で説明した以外にも、エネルギー不足や血管障害など、様々な相関関係があり、糖尿病があると歯周病も重症化しやすくなるといわれています。糖尿病も歯周病も生活習慣がもたらす生活習慣病です。日頃の生活習慣を見直すと同時に、早期発見・治療に努めることが、歯周病・糖尿病予防において大切です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております