患者さまとマンツーマンで取り組む予防歯科

予防歯科

日本人はお口の健康に関する意識が低く、世界の中でも歯の後進国に位置付けられています。むし歯・歯周病で歯を失う人が非常に多かったため、これを懸念して1989年から厚生労働省と日本歯科医師会が中心となって、8020運動を展開しました。この運動は、「80歳になっても20本以上の歯を守ろう」という取り組みです。歯の先進国スウェーデンでは、40年以上前から予防歯科の取り組みが始まり、現在では「むし歯や歯周病になる人が世界でもっとも少ない国」になりました。

予防歯科とは、お口の健康を維持できるように予防的な処置を行う診療科目です。日本でも8020運動が始まってから、クリニックでの予防歯科の取り組みが始まり、25年以上たった今では予防意識の高い人が増えています。当院の予防歯科では、お一人おひとりの患者さまに合った処置を行うために、担当歯科衛生士制を導入。ていねいな指導ときめ細かな処置で、生涯を通して健康なお口を守る予防歯科に取り組んでおります。

担当歯科衛生士がお口の健康を守ります
当院では初診時に対応した歯科衛生士が、患者さま専任の担当衛生士として治療からメインテナンスまで責任を持って対応いたします。担当制にすることで、歯科衛生士が今の状態を改善するにはどうすればいいのかを真剣に考えて、お口の中や生活習慣を含めた適切なアドバイスや処置ができるようになります。患者さまに寄り添った対応で、お口の健康をサポートいたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております