「ガムピーリング」で黒ずんだ歯ぐきがピンク色に!

ガムピーリング歯ぐきが黒ずんでいると顔色が悪くなり、不健康そうな印象を与えます。歯ぐきの黒ずみは、メラニン色素の沈着や喫煙の影響によるものなので、ホワイトニングや歯磨きでは落ちません。こうした歯ぐきの黒ずみは、ガムピーリングを行うことで美しいピンク色の歯ぐきに戻ります。黒ずんだ歯ぐきにピーリング剤を塗ると、薬が浸透して歯ぐきの表面の薄い皮がはがれて美しくなります。治療時間は10~15分程度で終わり、3~4日程度で美しいピンク色になります。

薬を塗ると、歯ぐきが白く変色してきます。2日目ぐらいから歯ぐきがグレーに変わり、3日目ごろになると皮がめくれはじめ、1週間程度でピンク色の美しい歯ぐきになります。施術中に口内炎のような軽いぴりぴり感が少しありますが、数時間で気にならなくなります。喫煙による変色の場合は喫煙を控えることで後戻りしにくくなります。また後戻りがおきても、再処置をすれば再びピンク色の歯ぐきに戻ります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております