「親知らず」を残しておくとどうなるの?

親知らず親知らずがあっても、痛みや腫れがないので残される方がいます。トラブルが起きなければそれで問題ありませんが、親知らずの生え方には色々なバリエーションがあり、生え方によっては周囲の歯や骨に負担をかけることがあります。また親知らずは顎の一番奥にあるので歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい歯です。当院では経験豊富な口腔外科の担当医が処置しますので、痛みや腫れがほとんどない、安全で安心な抜歯を行っております。

親知らずの抜歯をすすめる理由
親知らずの抜歯をする場合は、必ず患者さまの同意をいただいてから処置いたします。事前にCTで正確に診断して親知らずの状態を正しく説明いたします。その上で残しておくことのメリット・デメリットをお伝えして、ご理解・ご納得していただいてから抜歯を行います。

●むし歯になりやすい
顎の一番奥にあるので歯ブラシが届きにくく、親知らずと隣の歯がむし歯ができやすくなります。汚れも溜まりやすいので、口腔内の衛生環境が悪くなり、周囲の歯が歯肉炎を起こしやすくなります。

●歯並びが悪くなったり顎関節症になりやすい
斜めに生えてくると隣の歯を強く押して、不正歯列や隣の歯の歯根吸収を起こす可能性があります。また上顎(または下顎)の歯にぶつかると、顎関節にも悪い影響があり、下顎がズレて顎関節症を引き起こす可能性があります。

●反対側の親知らずが伸びてきて咬み合わせが狂う
上顎(または下顎)の親知らずが生えていない、あるいはすでに抜歯していると咬み合う歯がないので、その状態で残しておくと親知らずが伸びてきて、咬み合わせが悪くなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております